実際のディーラーと遊べるライブカジノ

人を相手にギャンブルを進行していくことができるのが楽しいライブカジノ。カメラとスピーカーを通してプレーはしていくものの、ディーラーの手つきから目線まで、生でみながら勝負ができるので多くのプレーヤーが利用しているカジノゲームの1つです。このライブカジノと同等なくらい人気があるのが「スロット」です。スロットは機械を回して賭けていくゲームですが、最近のスロットには、物語性があったり、さまざまなボーナスの種類があったりと、少し知識がいるようになってきました。それでも「機械」に賭けていくので八百長があったりするのでは?と思っているプレーヤーも少なくありません。そこで登場したのが、RNGです。

生勝負のライブとマイクロチップ勝負の RNG

RNGとは乱数発生器のことで、英語表記の「ランダム・ナンバー・ジェネレーター」の略語です。RNGはスロットマシンが稼働していないときにでも、常時数値を1秒間に数十億生成し続けているマイクロチップです。この数字をリールの位置を定めるのに利用します。生勝負が行えるライブカジノは、ディーラーの様子を伺いながらプレーできるとあって、こちらもまた人気の高いゲームです。いずれもジャックポットが適用されていて、高配当が可能です。生で勝負できるライブカジノの面白さとはまた違う面白みがあるのもスロットの特徴でもあります。

本場のカジノディーラーと生中継

ぼーっとしていては勝てないのがライブカジノです。ディーラーとスクリーン越しに勝負を繰り広げていくのですが、手を休めるのは勝負と勝負の間のみ。うっかりボタンを押してミスをしてしまっても、機械のせいにはできないのがライブカジノです。ライブカジノでは、ディーラーと仲良くなって話しながらすることも可能です。今日の出来事を話しながらカードを引いていくのは、ランドカジノとあまり変わらないところだといえます。カードとディーラーとにらめっこしながら進めていくテーブルゲームを、ライブカジノでプレイすることでカジノがますます好きになるはずです。

ライブルーレット

ルーレットは1種類のみでなく、フレンチ、アメリカン、メキシカンなど種類によって「0」の数が違ったり、ホイールの大きさが違ってきたりします。ライブカジノでプレーするルーレットはビデオルーレットとは違って、ボールがホイールに入っていくところから、数字の中で止まるまで、すべて生の音が聞こえてきます。ルーレットは直接ホイールに賭けるゲームではなく、ルーレットテーブルの賭けたい番号や色にチップをおいて賭けていきます。ただチップを置いて賭けていくだけでなく、攻略法も必要とされるゲームであることから以外に頭脳や勘を使っていくカジノゲームなのです。

ライブブラックジャック

ライブカジノで1番、プレーヤーが訪れるテーブルといわれているのが「ブラックジャック」です。生ディーラーとカードで勝負していくのは、本場ランドカジノと同じくらい真剣勝負となります。ライブですので、ディーラーが配るカードにも目が離せなくなり、どんどん真剣勝負になってきているのが、ゲームを展開していくにつれて感じてくるはずです。攻略攻めでディーラーに勝った時には思わず声を出してしまうのではないでしょうか?こちらからディーラーは見えてても、相手からプレーヤーは見えないものの、声は聞こえるのでこの時にさらにゲームが盛り上がるのです。

ライブカジノバカラ

大金をプレーヤーがこぞって賭けたくなるバカラ。バカラというゲームはコインの裏表を当てるような「勝率1/2の運まかせゲーム」ともいえます。その上ゲーム展開も早く、配当も大きいため勝利を手にした際には、歓喜が上がってしまうのもこのゲームの特徴です。人と人が勝負をしているところが生で見られるわけですから、気合の入り具合が違ってくるのも無理はありません。ライブカジノのバカラは、2択で1ドルから賭けることもできるため、初心者でも無理することなく楽しめるところが人気の秘密の一つでもあります。テーブルカジノの中でも「わー!」と歓声が上がるのもこのゲームの特徴です。