パチンコ VS オンラインカジノ

パチンコ VS オンラインカジノ

近年、人気が下降気味という噂も囁かれるパチンコ業界ですが、コロナで自粛中にも関わらずオープンしているパチンコ店には行列ができたりで根強い人気を感じました。しかしパチンコ店の行列のニュースを見る度に、オンカジの魅力を知ってしまった人間としては、パチンコよりもっと面白い世界があるのにと感じてしまいます。

何と言ってもオンラインカジノの魅力はスマホとWIFIと時間さえあれば場所を選ばずどこでも遊べます。しかも遊べるゲームの種類も店舗運営に比べ格段に豊富です。スロットに関しては次々と人気ゲームプロバイダーが新作をリリースするのでプレイヤーを飽きさせません。そしてブラックジャック、ルーレット、バカラの様なテーブルゲームはライブ配信でディーラーや他のプレイヤーと同時に遊べるので、日本にいながら本場カジノにいる様な錯覚に陥るほどの臨場感が味わえます。

抜群の還元率と夢のある勝利金

プレイヤーが賭けたお金が戻ってくる比率の平均を還元率と呼び、割合値で出すことができます。パチンコ・パチスロの還元率は80%~85%なんですが、オンラインカジノは93%~98%と比べもににならないくらい高いのです。パチンコの場合、家賃や人件費など固定費が嵩みますが、オンラインカジノはネットの特性を活かし低コストで運営し、しかも世界中をターゲットにしているので薄利多売ができるのです。その分をプレイヤーに還元してくれています。

しかもパチンコの場合勝利しても、せいぜい数万円単位ですが、オンラインカジノの勝利金は桁が違います。と言うのもオンラインカジノにはプログレッシブジャックポットと言うシステムがあり、世界中のプレイヤーがプレイする度にその一部の掛け金が少しずつ積み立てられ、条件を満たした勝者が大金を手にすることができるのです。金額は何億単位に膨れ上がることもあります。残念ながら日本ではまだまだオンラインカジノが広く知られていませんが、一度火がつけば一気に人気爆発の可能性を秘めているかも分かりませんよ。